インスタ映えする【写真の撮り方】を徹底解説!おしゃれな撮影の条件とは?

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説! お役立ちコラム
スポンサーリンク

今話題のインスタ映えする写真の撮り方をマスターしよう♪

 

「インスタ映え」という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。でも、その意味や特徴に関しては知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

2017年にはユーキャンの流行語大賞で見事大賞に輝くほど、インスタ映えという言葉が流行しました。それほどインスタ映えの影響力は大きく、食べ物を食べるときやどこかに出かけるときは、必ずインスタ映えを意識して写真撮影を行う人が若い年代を中心に増えているのです。

 

そもそもインスタ映えとは、名前にもある通り写真や動画を投稿する「instagram(インスタグラム)」から生まれた言葉。可愛いスイーツや綺麗な風景など、写真で見映えすることをインスタ映えと呼んでいます。インスタという名前を避けるために、フォトジェニック(写真向きである)といった表現をする場合も。

 

でも、どこからどこまでをインスタ映えと呼ぶのか、「可愛い」や「綺麗」だからすべてがインスタ映えになるのか、曖昧すぎて実はあまり分からない……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「インスタ映えの特徴」、「どこからどこまでがインスタ映えと呼ぶのか」、さらには「おしゃれな写真の撮り方・テクニック」を徹底解説いたします!インスタ映えについて、なんとなくでしか理解できていなかった方はぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

インスタ映えの特徴を紹介

 

では早速、インスタ映えの特徴についてご紹介していきたいと思います!

 

カラフル

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

インスタ映えする写真に多い特徴として、カラフルなものが挙げられます。彩り豊かなものはパッと目を引きますし、女性から見ても「可愛い」、「綺麗」といった印象を抱きやすいです。
ビビットカラーやパステルカラーなどの色鮮やかな写真は、最もインスタ映えしやすく周りの興味もそそることができるでしょう。

 

ガーリー・ポップ・メルヘン

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

かなり抽象的ではありますが、ガーリー、ポップ、メルヘンなスポットや食べ物は非常にインスタ映えしやすいです。
特に渋谷や原宿といった、若者が集まる街にはインスタ映えを意識したお店やスイーツがたくさんあります!ふわっふわのアイスクリームやパンケーキ、まるでお菓子の国に迷い込んだようなお店など、女の子の「憧れ」や「好き」を詰め込んだスポットや食べ物はインスタ映えには欠かせません。

 

非日常的な風景

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

まるで異世界にいるような、非日常的な写真もインスタ映えの特徴です。日本だけど海外にいるような風景やリゾート地、宇宙みたいな幻想的な空間、ファンタジー感溢れる景色など。

普通に生活していたら体験できない、日常生活からはかけ離れた光景は誰もが「行きたい!」と感じ、共感を得られやすくなりますよ。

 

雑誌風

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

ファッション雑誌や海外雑誌などで使われていそうな、おしゃれな雑誌風の写真もインスタ映えに含まれます。

アンティークな雰囲気の風景や、背景のピントをぼかし手前の小物や食べ物に焦点を合わせたような写真は、おしゃれ感が漂ってスタイリッシュさが演出されやすくなり、写真映えする傾向にあります。

 

意外性や常識を超えている

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

一般的なイメージからかけ離れたものや、常識を超えるようなものはインスタ映えの特徴として挙げられるでしょう。

例えば、ラーメンといえばスープの色は茶色、黒、赤などをイメージしますが、青色のスープだと意外性があり、話題を呼びやすくなります。

また、デカ盛りグルメもインスタ映えの王道。何段にも積み上がった大きなソフトクリームやパンケーキなども、多くの人の興味をそそりやすくなりますよ。

 

どこからどこまでがインスタ映え?インスタ映えに範囲や条件はある?

 

では次に、インスタ映えの範囲や条件についてご紹介します。

 

「カラフル」、「ガーリー・ポップ・メルヘン」、「非常識な風景」といったインスタ映えの特徴をご紹介しましたが、そもそもどこからどこまでがインスタ映えに当てはまるのでしょうか。

 

結論をいうと実際のところ、インスタ映えに明確な範囲や条件というものは存在していません。先ほどご紹介した特長に当てはまるような写真をインスタ映えとは呼びますが、必ずこうでなければいけないといった条件はなく、それを撮影した人や見た人の感覚でインスタ映えになるのかどうかが決まるといって良いでしょう。

 

ある人のファッションを「おしゃれ」と感じる人がいれば「ダサい」と感じる人もいるように、インスタ映えも予め決まった範囲の中で撮影されるものではないので、個人の感覚によるのです。そのため、インスタ映えに正解も不正解もありません。

 

インスタ映えする写真を撮ってみたいという方は、インスタ映えになる特徴を参考にしながら写真を撮ってみると、それっぽくなるのでオススメですよ!

おしゃれな写真の撮り方・テクニック!

 

続いて、インスタ映えするようなおしゃれな写真の撮り方やテクニックをご紹介いたします!これまで写真を撮るのが苦手だったという人もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

真上から撮影する

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

インスタ映えしている料理写真の特徴として、真上から写真を撮ることが挙げられます。料理写真は深さがそれぞれ違うお皿を使っているため、真横や斜めからの撮影がとても難しい商材。
そんなときは真上から撮影すると全体的に綺麗に収まり、見映えも良くなります。配置に気を配りながら撮影するとよりグッド。一方、ドリンク単体や断層が綺麗なものを撮影する際は、真横から撮影するほうが良いかもしれません。美味しさや彩りを伝えるための方法として、真上からのアングルでの撮影も知識として覚えておくと良いでしょう。

 

小物を使って撮影する

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

真上から料理を撮影するときに使えるのが小物。ワンポイントとしてサングラスや時計などを配置すれば、よりおしゃれになり写真の雰囲気をガラッと変えることができます。

また、観光スポットや可愛いお店で撮影をするときは、クッションや口ひげ、ハート型のサングラスといったアイテムを使って撮影をすれば可愛さも賑やかさもUP。

カラフルな小物を使えば、一瞬で目を引くような写真が撮影できますから、インスタ映え間違いなし!

 

あえて見切れさせる

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

被写体が複数の場合、すべてを必ず枠内に収めるのではなく、あえて見切れさせることでおしゃれ感を演出できます。そうすると被写体をよりダイナミックに見せ、インパクトを与えられるため、目を引く写真を撮ることができるのです。オススメの角度は、斜め45度からの撮影です。

 

背景にこだわりながら撮影する

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

背景にこだわって撮影するのもおしゃれな写真のポイント。一番簡単なのは、おしゃれな建物や壁の前に立って撮影する方法です。特徴的なデザインが描かれていたり、カラフルだったり、それだけでパッと目を引くような建物や壁があれば、そこで撮影してみましょう。

また、被写体にピントを合わせ、背景をややぼかすように撮影する方法も効果的。情報量を極力絞りつつバランス良く撮影できると、インスタ映えするはずです。

 

自然光を取り入れて撮影する

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

おしゃれな写真、特に料理の写真を撮るとき、自然光はインスタ映えの大きなポイント。

電灯で照らされる光よりも、自然光のほうが柔らかく温かみのある雰囲気をまとった写真を撮れます。自然光によりくっきりとした陰影ができるため、より美しい空間を演出することも可能です。

 

足元を撮影する

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

最近ではお店の床が可愛らしくデザインされていたり、地面がおしゃれにデザインされていたりと、見逃しがちな足元もインスタ映えスポットになっているんですよ。

そんな可愛らしい地面のデザインと、自分の足元を組み合わせて撮影するのもテクニックの1つ。このとき注意すべき点は、足元を大きくしすぎずに余白を多めに取ることです。

 

グリッド機能を使って撮影する

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

iPhoneの設定で、写真のグリッド機能をONにするとカメラを起動した際にグリッド機能を使うことができます。グリッド機能とは、スマホの画面上を9分割する縦横2本の線が引かれる機能。

このグリッドを使えば、バランスの取れた写真を撮影できます。ちょうどグリッドの線と線の交点が最も目を引きやすいポイントと言われているので、交点を意識しながらグリッド機能でインスタ映えするような写真を撮ってみましょう。

 

 

インスタ映えに関する注意

 

ここまでインスタ映えについて、色々とご紹介してきました。最後に、インスタ映えする写真を撮るにあたっての注意をお話ししようと思います。

 

インスタ映えという言葉が流行し、多くの人たちがインスタ映えするような写真を撮ることに夢中になっています。そんな中、インスタ映えをめぐってあらゆるトラブルが起きているという事実も忘れないでください。

 

他人が写り込んだ場合、その人にも肖像権がある

人が大勢いる場所ではどうしても自分たち以外の他人が写ってしまいますよね。しかし、写るつもりで写ったわけではないその人たちにも肖像権があります。

そのため、もし誰かが写り込んでしまった場合は、モザイクで顔をぼかしたりトリミングして写真から他人を消したりするなどして、誰なのかを特定できないようにしましょう。

 

注文したものを一切食べない

注文した料理やスイーツなどを撮影したら、食べずにそのまま残す・捨てるといったトラブルが最近相次いでいます。豪華な料理や可愛らしいスイーツは、まさにインスタ映えに打ってつけ。

しかし、それだけのために注文して、一切手をつけないというのはあまりにも非常識です。インスタ映えを最終目標にしているから起こるトラブルですので、注文したものは責任を持ってしっかり食べるようにしましょう。

 

マナーを守らない

注文したものを食べないといったこともマナー違反ですが、他にもインスタ映えをめぐってあらゆるマナー違反をする人たちが増えています。

花見の時期には、インスタ映えのために桜の枝を折って花冠を作るといったマナー違反行為が目立ちました。

 

また、有名テーマパークでも立ち入りを禁止している場所で写真撮影を行ったり、危険な行動を取って注目を集めるような写真を撮ったり、非常識すぎる人たちが話題となっています。

 

 

以上のような、非常識なインスタグラマーを「インスタ蝿」と皮肉をこめて呼ぶこともあるそう。インスタ映えする場所にたかるハエたち、という意味で「インスタ映え」と「ハエ」をかけています。

 

インスタ映えは確かに綺麗でおしゃれな写真が撮れるため、さまざまなポイントを加味して撮影しますが、絶対に非常識な行為をしたり他人に迷惑をかけたりしないようにしましょう。

マナーを守ってインスタ映えする写真を撮影することを心がけてくださいね。

 

インスタ映えする写真を撮ってみよう

 

インスタ映えに関するコラム、いかがだったでしょうか?

 

インスタ映えという言葉はよく聞くけど、いまいち分からなかったという方も、この記事を読んで少しはインスタ映えに興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

おしゃれな写真が手元にたくさん残っているだけでも、あとから見返したときに、まるで何かの写真集を眺めているようで楽しめますよ。もちろん撮った写真を多くの人たちに共有して、会話のネタにしてみるのもアリ!

 

インスタをやっていなくても、あらゆる楽しみ方ができるインスタ映え。ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてくださいね!

 

また、ぐるっぽではインスタ映えするようなおしゃれな食べ物や飲み物の写真を投稿しています。ぜひこちらもご覧ください!

東京都内の【インスタ映え】するグルメや可愛いスイーツ、カフェ特集