インスタ映えする【写真の撮り方】を徹底解説!おしゃれな撮影の条件とは?

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説! お役立ちコラム
スポンサーリンク

今話題のインスタ映えする写真の撮り方をマスターしよう♪

 

「インスタ映え」という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。でも、その意味や特徴に関しては知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

2017年にはユーキャンの流行語大賞で見事大賞に輝くほど、インスタ映えという言葉が流行しました。それほどインスタ映えの影響力は大きく、食べ物を食べるときやどこかに出かけるときは、必ずインスタ映えを意識して写真撮影を行う人が若い年代を中心に増えているのです。

 

そもそもインスタ映えとは、名前にもある通り写真や動画を投稿する「instagram(インスタグラム)」から生まれた言葉。可愛いスイーツや綺麗な風景など、写真で見映えすることをインスタ映えと呼んでいます。インスタという名前を避けるために、フォトジェニック(写真向きである)といった表現をする場合も。

 

でも、どこからどこまでをインスタ映えと呼ぶのか、「可愛い」や「綺麗」だからすべてがインスタ映えになるのか、曖昧すぎて実はあまり分からない……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「インスタ映えの特徴」、「どこからどこまでがインスタ映えと呼ぶのか」、さらには「おしゃれな写真の撮り方・テクニック」を徹底解説いたします!インスタ映えについて、なんとなくでしか理解できていなかった方はぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

インスタ映えの特徴を紹介

 

では早速、インスタ映えの特徴についてご紹介していきたいと思います!

 

カラフル

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

インスタ映えする写真に多い特徴として、カラフルなものが挙げられます。彩り豊かなものはパッと目を引きますし、女性から見ても「可愛い」、「綺麗」といった印象を抱きやすいです。
ビビットカラーやパステルカラーなどの色鮮やかな写真は、最もインスタ映えしやすく周りの興味もそそることができるでしょう。

 

ガーリー・ポップ・メルヘン

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

かなり抽象的ではありますが、ガーリー、ポップ、メルヘンなスポットや食べ物は非常にインスタ映えしやすいです。
特に渋谷や原宿といった、若者が集まる街にはインスタ映えを意識したお店やスイーツがたくさんあります!ふわっふわのアイスクリームやパンケーキ、まるでお菓子の国に迷い込んだようなお店など、女の子の「憧れ」や「好き」を詰め込んだスポットや食べ物はインスタ映えには欠かせません。

 

非日常的な風景

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

まるで異世界にいるような、非日常的な写真もインスタ映えの特徴です。日本だけど海外にいるような風景やリゾート地、宇宙みたいな幻想的な空間、ファンタジー感溢れる景色など。

普通に生活していたら体験できない、日常生活からはかけ離れた光景は誰もが「行きたい!」と感じ、共感を得られやすくなりますよ。

 

雑誌風

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

ファッション雑誌や海外雑誌などで使われていそうな、おしゃれな雑誌風の写真もインスタ映えに含まれます。

アンティークな雰囲気の風景や、背景のピントをぼかし手前の小物や食べ物に焦点を合わせたような写真は、おしゃれ感が漂ってスタイリッシュさが演出されやすくなり、写真映えする傾向にあります。

 

意外性や常識を超えている

大人気のインスタ映え!特徴・おしゃれな写真の撮り方を徹底解説!

一般的なイメージからかけ離れたものや、常識を超えるようなものはインスタ映えの特徴として挙げられるでしょう。

例えば、ラーメンといえばスープの色は茶色、黒、赤などをイメージしますが、青色のスープだと意外性があり、話題を呼びやすくなります。

また、デカ盛りグルメもインスタ映えの王道。何段にも積み上がった大きなソフトクリームやパンケーキなども、多くの人の興味をそそりやすくなりますよ。

 

どこからどこまでがインスタ映え?インスタ映えに範囲や条件はある?

 

では次に、インスタ映えの範囲や条件についてご紹介します。

 

「カラフル」、「ガーリー・ポップ・メルヘン」、「非常識な風景」といったインスタ映えの特徴をご紹介しましたが、そもそもどこからどこまでがインスタ映えに当てはまるのでしょうか。

 

結論をいうと実際のところ、インスタ映えに明確な範囲や条件というものは存在していません。先ほどご紹介した特長に当てはまるような写真をインスタ映えとは呼びますが、必ずこうでなければいけないといった条件はなく、それを撮影した人や見た人の感覚でインスタ映えになるのかどうかが決まるといって良いでしょう。

 

ある人のファッションを「おしゃれ」と感じる人がいれば「ダサい」と感じる人もいるように、インスタ映えも予め決まった範囲の中で撮影されるものではないので、個人の感覚によるのです。そのため、インスタ映えに正解も不正解もありません。

 

インスタ映えする写真を撮ってみたいという方は、インスタ映えになる特徴を参考にしながら写真を撮ってみると、それっぽくなるのでオススメですよ!