正月太り・冬太りをリセットしたい!ダイエットに役立つ食べ物や対策、解消法をご紹介!

正月太りの原因とは お役立ちコラム
スポンサーリンク

正月太りをリセットするためのダイエット方法や解消法

 

今年も残すところあと少し、年末シーズンがやってきました。

そこで気になるのが、年末年始のお悩み「正月太り」ですよね。年末年始はコタツで暖を取ってテレビを見ながら、ひたすら美味しいものを食べてしまう……そんな方も多いのではないでしょうか。そういった過ごし方によって、正月太りを引き起こしてしまうのです。

 

ただでさえ冬は太りやすい時期で、「冬太り」にお悩みの方も少なくないでしょう。

 

ということで、今回は「冬、特に正月に太らないためにはどうしたらいいのか」、「要注意!太りやすい年末年始の食べ物」といった、「冬太り・正月太り」にまつわるお話を紹介していきます!

正月太りしてしまった体重をダイエットして太る前の体重までリセットしたいという方も必見です。

 

これからやってくる年末シーズンに向けて、今のうちから対策をしておきましょう!

 

 

冬太り・正月太り!その原因とは?

正月太りの原因とは

 

先述した通り、年末年始は特に太りやすい環境が揃っている時期。暖かい部屋でテレビを見ながら美味しい料理を食べ、夜更かしもしてしまう……といった日々が続き、生活リズムも狂ってきます。

 

冬太りや正月太りにお悩みの方は、まずどういう原因で太ってしまうのかを理解しておきましょう。もしかしたら、心当たりのあることばかりかもしれませんよ。

 

イベントが盛りだくさん

 

冬といえばイベントが盛りだくさん。クリスマスやお正月、節分、バレンタインといったイベントもあれば、忘年会や新年会などの飲み会も多い時期でしょう。

 

あまりに楽しくていつもより食べすぎてしまう、お酒を飲みすぎてしまう、という方もいらっしゃるでしょう。そういった暴飲暴食を当たり前にしてしまう飲み会は特に要注意。たくさん食べたり飲んだりを楽しめるイベントが豊富のため、非常に太りやすい季節なんです。

 

冷えによる基礎代謝量低下

ご存知の通り、冬は最も気温が下がる季節で同時に私たちの体も非常に冷えやすくなります。結果として血行不良を引き起こし、冷え性を招く原因に。血行不良は老廃物の解消が悪くなる、むくみが出る、発汗作用が下がる、基礎代謝量が低下するといった原因にもなります。

 

基礎代謝量が下がれば、自然と内臓脂肪もいつもより蓄えられ、太りやすくなってしまうのです。

 

運動不足

 

夏はウォーキングやランニング、その他さまざまな運動を行う機会が多い時期ですが、冬になるとその機会はかなり減ってしまいます。寒さゆえに運動どころか外に出ることすら億劫になってしまいがちです。

 

よって、運動不足になり脂肪を燃焼できずに太りやすくなってしまいます。