乾燥肌とお別れ!原因と対策方法&予防効果のある食べ物を徹底解説!

乾燥肌とお別れ!原因と対策方法&予防効果のある食べ物を徹底解説!. お役立ちコラム
スポンサーリンク

冬場のお悩み!乾燥肌とは?

 

冬シーズンは女性にとってお悩みが増える季節。体も冷え、太りやすくなり、肌も乾燥してしまいますよね。どれだけあらゆる対策を行っても、カバーしきれません……。

 

中でも乾燥肌は誰もがなり得る症状。肌トラブルこそ、美容に気を遣っている人は特に避けたいでしょう。もちろん、女性だけでなく男性も乾燥肌に悩まされている方も多いはずです。

 

そもそも乾燥肌とは、文字通り肌が乾燥している状態のこと。肌の水分や皮脂が不足して、潤いがなくなってしまうのです。頬を触ってみて、もちっとした肌触りではなくカサカサとしていたら正真正銘の乾燥肌といえるでしょう。

 

乾燥肌は皮膚表面の角質が捲れ上がって、肌のバリア機能が衰えている状態なのです。肌の水分が蒸発して乾燥するだけでなく、外部からの刺激によっても肌が敏感になり、乾燥を招いてしまいます。もし肌のお手入れや対策を怠ると、さらなる肌トラブルを招いてしまうかもしれません。

 

そこで今回は、乾燥肌について細かくご紹介していきます!「乾燥肌の原因と対策」、「乾燥肌を予防・改善してくれる食べ物」など、乾燥肌にまつわるお話を徹底解説しますよ。

 

乾燥肌にお悩みの方はもちろん、そうでない方もぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

乾燥肌は肌のバリア機能低下によって発生!その原因とは?

乾燥肌とお別れ!原因と対策方法&予防効果のある食べ物を徹底解説!.

 

先述したように、乾燥肌は、肌のバリア機能が衰えることによって発生する症状。バリア機能を低下させる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく紹介していきます。乾燥肌になりやすいタイプの方は、当てはまる項目がないか要チェックですよ!

 

冷房や暖房の長時間利用

夏や冬はエアコンを長時間利用する機会が特に多い季節。エアコンは空気中の水分も一緒に吸収してしまい、長時間使うと部屋の空気が乾燥してしまいます。空気の乾燥によって肌のバリア機能が低下し、乾燥肌を招く原因となります。

 

紫外線

紫外線は肌の一番外側にある角質層にダメージを与えるため、結果としてバリア機能を低下させてしまいます。紫外線といえばシミや日焼けなど、肌にあらゆる影響を及ぼすものとして有名ですが、実は乾燥肌にも大きく関係があるんですよ。

 

ストレス・疲労

ストレスや疲労は肌の血行不良を招き、自律神経を乱れさせてしまう原因に。これにより肌が乾燥するだけでなく、体が冷えて冷え性になるやすくなるといった、肌のみならず体の内側にまで大きな影響を与えてしまいます。

 

偏った食生活

栄養の偏った食生活は、肌に必要なビタミン類等の栄養が不足してしまうため乾燥肌の原因に。それだけでなく、太りやすい体質になったりあらゆる病気にかかったりと、さまざまな影響を及ぼしてしまうので要注意です。

 

間違ったスキンケア、入浴方法

「私はスキンケアをしているから大丈夫」と思っても、間違ったスキンケアや入浴を行っていると肌には逆効果なんですよ。ナイロンのタオルで肌をこすりすぎたり、洗浄力が強すぎるもので洗浄したり、42℃以上の湯船に浸かったりすることで、皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。

 

ターンオーバーの乱れ

健康的な肌はターンオーバーによって、バリア機能が保たれます。しかし、ストレスや生活習慣の乱れなどによってターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下し肌に影響を与えてしまうのです。

 

ターンオーバーとは?乾燥肌だけでなく肌老化にも影響あり!

乾燥肌とお別れ!原因と対策方法&予防効果のある食べ物を徹底解説!.

 

さて、バリア機能の低下の原因でもあるターンオーバーとは一体どのようなものなのでしょうか。実は、ターンオーバーは肌に大きな影響を与えている仕組みなので、これを機に理解しておきましょう。

 

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりのことをいいます。

 

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造となっています。また、表皮は「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4層構造。基底層で生まれた細胞が形を変えて表皮に押し上げられ、最後は垢になって剥がれ落ちていきます。このサイクルが、ターンオーバーと呼ばれるものです。

 

個人差はありますが、約28~56日の周期でターンオーバーが繰り返されていきます。しかし生活習慣の乱れやストレスによってサイクルが乱れると、古い角質がいつまでも剥がれずに表面に残り続けたり、角質層の細胞の間を埋めている細胞間脂質といった保湿成分が作られにくくなったりするのです。

 

これにより、肌が乾燥してしまったり荒れてしまったり、老化を早めてしまうといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。美容に気を遣っている方は特に、ターンオーバーを乱れさせないような生活や対策を心がけていきましょう。