花粉症の割合は約30%!?予防・改善に効果のある食べ物を徹底解説!

花粉症に効く食べ物や飲み物 お役立ちコラム
スポンサーリンク

花粉症の割合は日本人の約30%!花粉症の原因とは?

 

皆さんは、花粉症に悩まされた経験がありますか?

 

これまで花粉症にかかったことがある、今も花粉症に悩まされているという方は多いと思います。実は、日本で花粉症にかかった経験のある人の割合は約30%とかなり高い結果が出ているのです……!

 

そもそも花粉症とは何かというと、名前の通りスギヒノキといった植物の花粉が原因で発症するアレルギー疾患の1つ。特に冬の終わり頃から春にかけて飛び交うスギ花粉によって花粉症になる人が多く、あらゆる症状を引き起こします。

 

花粉症は遺伝的に発症しやすい人やまったく発症しない人など個人差はありますが、一度花粉症にかかってしまうとなかなか治せない厄介なアレルギー症状。できればかかりたくないです。

 

そこで今回は、「花粉症の症状や特徴」、「花粉症の予防・対策」、「花粉症に効果のある食べ物」といった、花粉症にまつわるお話を紹介していきます!

 

花粉症にお悩みの方もそうでない方もぜひ最後までご覧ください!

 

 

こんな症状があると花粉症かも!花粉症の特徴とは?

花粉症に効く食べ物や飲み物

 

花粉症はどのような症状が現れるのでしょうか。また、どのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

花粉症の症状

○くしゃみ
○鼻水
○鼻づまり
○目・のど・顔などの皮膚のかゆみ
○頭痛
○せき
○集中力の低下
○食欲不振

これらの症状が花粉症の特徴です。特にくしゃみ、鼻水、鼻づまりは花粉症の三大症状ともいわれており、非常に症状が重いことで知られています。

 

花粉症と風邪の違いとは

 

花粉症の症状を見ていると風邪の症状とかなり類似しており、「風邪を引いたのかな?」と勘違いをしてしまう人もいるかもしれませんね。風邪は通常1週間程度で治りますが、花粉症は花粉が飛んでいる期間はずっと症状が続きます。また、目やのど、皮膚のかゆみを伴う場合は花粉症の疑いが強いでしょう。

 

もしこれらのような症状が出始めたら、自分で判断せずにまずは病院で診てもらうことをオススメします。

 

花粉の飛散時期は春だけではない!

 

花粉症といえば、春が一番テレビやネットでも話題になる時期ですよね。それゆえに、花粉の飛散時期が春だけと思い込んでいる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

花粉症を引き起こす植物として有名なスギの花粉飛散時期は2~6月頃で、春が一番盛んです。しかし、花粉症の原因となる植物はスギだけではありません。初夏にはイネ科植物、夏の終わりから秋にかけてはキク科植物……というように、花粉は1年中飛散しています

 

そのため、自分がどの植物花粉のアレルギーを持っていて、その植物の花粉飛散時期がいつなのかを把握しておく必要があるんですよ。春だけ対策していればいいや、というのではなく、自分の花粉症の原因をしっかり理解して、対策を行っていきましょう。