生姜の驚くべき11個の効能&風邪や肌にも効果がある3大成分とは?

生姜の成分 お役立ちコラム
スポンサーリンク

生姜は健康の味方!効能・効果を知るところから始めよう

 

皆さんは健康や美容のために意識して摂取している食べ物はありますか?

 

自分が気にしている症状によって対策は異なってきますし、摂取している食べ物も違ってくるでしょう。しかし、色んな症状や美容にも効果がある、万能薬的な食べ物があるんです!

 

それが生姜です。

 

漢方薬としても重宝されている生姜は、まさに健康や美容の味方。さまざまな効能・効果があるので、知っておいて損はありません。あらゆる料理にも使えますし、積極的に摂取するとより健康に、そして美容にも良い影響を与えてくれるはずですよ。

 

そこで今回は、生姜の成分や効能・効果にまつわるお話を紹介していきます!嬉しいメリットだらけの生姜を詳しく知っていくところから始めていきましょう。

 

風邪や冷え性にも効果抜群!生姜の3大成分とは?

生姜

 

生姜といえば、独特の香ばしさと辛味が特徴的な食べ物。それらには、生姜の成分が大きく関わっています。生姜は栄養豊富でさまざまな成分が含まれていますが、今回は効能効果のある3大成分を詳しくご紹介します。

 

ジンゲロール

 

生の生姜に多く含まれているジンゲロールは、普段私たちが生姜を摂取したときに感じる辛味の元となる成分。ジンゲロールには老化防止、免疫細胞の活性化、殺菌作用、抗炎症作用、頭痛や吐き気抑制作用といったあらゆる効能があります。

 

しかし、ジンゲロールには注意すべき特徴があることも覚えておきましょう。

 

先述したように、ジンゲロールは生の生姜に多く含まれている成分。酸化しやすいため、空気に触れると数分で消滅してしまうのです。さらに、加熱や乾燥するとジンゲロールは別の成分に変わってしまうという注意点もあります。

 

もしジンゲロールを摂取したいのであれば、加熱や乾燥をさせないためにも食べる直前にすり下ろすようにしましょう。

 

ジンゲロン

 

加熱や乾燥によってジンゲロールはさまざまな成分に変化しますが、その1つがジンゲロンです。ジンゲロンにもジンゲロール同様、健康や美容への効果を期待できるはたらきがあります。

 

生活習慣病の予防をはじめ、血行促進、血圧の安定化、発汗作用、新陳代謝の向上、脂肪燃焼促進といった効果・効能が期待できるんだそう。ダイエットをしたいという人にはたまらない成分ですから、積極的に加熱や乾燥をさせた生姜を摂取していきましょう。

 

ショウガオール

 

ジンゲロンと同じく、ショウガオールも生姜を加熱や乾燥させることで生成できる成分。ショウガオールには、がん細胞の増殖抑制、発熱効果、殺菌作用、活性酸素の除去、中枢神経系の調整作用といった効果・効能があります。

 

こちらも、生の生姜では摂取できない成分ですから、ショウガオールを摂取したい場合は生姜を加熱または乾燥させるようにしましょう。

 

生姜を闇雲に摂取するのはNG!目的に合わせた調理方法を!

 

生姜にはジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオール以外にもあらゆる成分が含まれています。しかし今回ご紹介した3大成分で分かるように、闇雲に摂取しても欲していた効果・効能を期待することができないのです。

 

新鮮な生の状態で食べるのか、それともある程度乾燥させて食べるのか、はたまた加熱して食べるのか……。

 

その調理方法によって摂取できる成分が変わるため、自分が何を目的として生姜を摂取したいのかをしっかり理解しておきましょう。