池袋で噂のお店【鶏の穴】で鶏チャーシューの入りラーメン♪

池袋 ラーメン 鶏の穴 グルメレポート
スポンサーリンク

池袋の人気ラーメン店・鶏の穴で激辛ラーメンと格闘!

JR池袋駅の東口を出て明治通りをまっすぐ歩くこと5分くらいのところにある【鶏の穴】さんに行ってまいりました!

なんでも鶏の穴さんでは鶏チャーシューの入ったラーメンが食べられるとのこと。
チャーシューといえば豚のイメージなので、とても興味が湧きました。

 

お昼時ということもあり、外に2組ほど待っていて、私もその次に待ちます。
それから10分もしないで店内に入ることができました。

 

店内はカウンターのみの16席と、結構こぢんまりとした雰囲気。

 

店内入って目の前にある券売機で食券を買ってから着席。
メニュー数自体は多くなく、「白鶏らーめん」「赤鶏らーめん」「つけめん」「鶏めし」が主なメイン料理です。

あとはその時々の限定メニューやトッピングがありますが、これくらいメニューが少ないと優柔不断の私でも選びやすいですね(笑)

私が今回選んだのは「赤鶏らーめん」(780円)。

赤鶏の方は辛味があるとのことだったので、こちらにしてみました!

 

着席して食券を渡して待ちます。
その間にも、外には人が続々と並んでいて、鶏の穴さんの人気がうかがえました。

 

待つこと5分で着丼!

うっすらと赤みがかったスープは、辛さを感じさせてとても美味しそうです。
鶏の穴さんに行こうと思ったきっかけである大きな鶏チャーシューのほかに、鶏ひき肉、ねぎ、メンマなどが乗っかっていました。

 

とにかく鶏にこだわっているところがいいなと思います。

 

早速スープからいただきます♪

あっさりしているかと思えば結構とろっとしていて、ねっとりとしていました。
とろみもあるしとにかく濃厚なのが美味しいです。

 

と、最初は思っていたのですが、想像以上の辛さに口の中が麻痺しそう…!!
山椒などの香辛料がかなり効いています。
見かけ倒しの薄めな辛さなのかなぁと思っていたので、ちょっと油断しました(笑)

 

辛いのが苦手な方にはおすすめできませんが、額に汗をかくようなじんわりとした熱を持つ辛さが大好きな人はぜひ食べてみてほしいです。

 

お水をいっぱい含んで気を取り直し、続いて麺をいただきます!

太麺で結構かたさがあり、噛めばコシを感じられる美味しい麺でした。
スープにとろみがあるおかげで麺とよく絡んで、よりしっかり味を感じることができます。

 

ただ、やっぱり辛いけど…!笑
そしてやや臭みがあるので、好き嫌いは分かれるかもしれないかな。

しかし、本当に辛くて正直それどころではないかもしれないです。
唇が腫れ上がりそうになりそうなくらいの辛さ。

 

ちょっと口の中を少し違う味に変えようと思い、お目当ての鶏チャーシューに箸を伸ばしました。

持ち上げてもスープが垂れてこなくなるくらいまで水分を切り(そうしないと辛いので)、思い切ってパクリ!

結構厚みのあるチャーシューですが、とても柔らかくて食べやすい!
すぐに噛み切れたので、あごに力を入れる必要もなく、口の中が麻痺していて力が入らない人には優しい(笑)

お肉の旨味がギュッと凝縮されていて、豚チャーシューとは違い脂身が少なくてヘルシーなのが嬉しいところ。

ですが、やはりスープが染み込みすぎて辛いんですよ…!!

美味しいはずなんですが、せっかくの鶏チャーシューが辛さによる麻痺で味わいつくせるほど感じられなかったのが残念でした。

なんとかお水を飲み続けて完食。
もう、たらこ唇のようになりました(笑)

まとめ

今回は鶏チャーシューがいただける池袋の人気ラーメン店・鶏の穴さんに行ってまいりました!

私が頼んだ「赤鶏らーめん」はかなり辛いので、軽い気持ちで注文すると痛い目を見るかもしれません。

そして、せっかくの鶏チャーシューの味を楽しみたいのであれば、「白鶏らーめん」を注文することをおすすめします。

私ももし次回行くことがあれば、そちらを食べてみようと思いました…。

 

池袋 ラーメン 鶏の穴

 

鶏の穴の店舗情報

鶏の穴

●駅からのアクセス

JR山手線ほか池袋駅東口より徒歩5分

・詳細情報

住所 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目39−20 慶太ビル
≫googleMAPで見る
営業時間 11:00~22:00 スープがなくなり次第終了
休日 なし
座席情報 16席