【ばんから】池袋東口店で絶品角煮のラーメンを堪能!

ばんから池袋東口店 池袋
スポンサーリンク

池袋で食べた角煮ばんからラーメンが最高でした!

JR池袋駅東口から徒歩4分。
サンシャイン60通りの小道を入ったところにあるラーメン屋【ばんから】池袋東口店さんに行ってまいりました!

 

看板には「東京豚骨」の文字が。
とても美味しそうな料理のサンプルが展示されていて、思わずふらっと中に入ってしまいました。

 

ばんからさんといえば海外出店までしている全国的に人気のラーメンチェーン店。
私は今回が初めての入店だったのですが、以前から気になってはいました。

 

「とんこつ醤油」と「とんこつ」の2本柱で営業を続けてきたばんからさん。
A脂と呼ばれる希少な国産豚の背脂をスープに混ぜ込ませたラーメンは、ばんからさんならではの風味を引き立てているとのこと。

 

さらに特徴として、時間の経過と共に背脂が溶けていくことで味の変化が起きるということ。

こういった、ほかのお店では味わえない絶品ラーメンをいただけるということで、ワクワクしていました♪

 

食券を買って着席。
17時過ぎた頃でもお店にはお客さんがいらっしゃいます。

 

今回私が注文したのは、1番人気の「角煮ばんから」(990円)。

卓上にはザルに入った生ニンニクが置いてありました。
ちょっとびっくりです(笑)

 

そんなこんなで待つこと8分程度、ようやく着丼!

まずすぐ目に飛び込んでくるのが、とろっとろの角煮!
物凄い存在感を発揮しています。

 

そして驚くべきは、スープに浮いた背脂の多さ。
思った以上に結構脂があって、見た目だけでもかなりこってりしていそうなのが伝わってきました。

健康にはあまり良くなさそうな感じですね(笑)

 

あとはチャーシュー、メンマ、ねぎ、のりが乗っており、角煮以外のインパクトはやや薄いかなという印象。

 

かなり濃厚なんだろうなと覚悟をしつつ、レンゲでスープをすくって1口。

 

とんこつ醤油のあっさりしたクセのないスープは思った以上に美味しく、濃厚でややしょっぱさはあるもののついつい飲み続けられそうな感じです。

 

ただ、やはり背脂の量が尋常じゃないことから、スープ自体はあっさりのはずなのに、結構ギトギトとしているのは否めません。

 

私的にはこってりラーメンも嫌いじゃないので、この濃厚すぎるスープは好みでした。

 

続いて麺をいただきます♪
中太ちぢれ麺でどちらかといえば柔らかめで、噛むとふにゃっとする食感

スープとよく絡むので、口の中いっぱいにとんこつ醤油の風味と背脂の甘味が広がっていきます。
コシのある麺も好きですが、こういう柔らか麺もスープの旨味をしっかり堪能できるのでいいですね。

 

そしていよいよお目当ての角煮!

箸でつまんだだけで崩れてしまいそうなほどにホロホロで、持ち上げると重さがずっしりとありました。

簡単に切れてしまうため、それを1口サイズにして、いざ口の中へ。

 

口に入れた瞬間に広がるとんこつ醤油のジュワッとした風味と、角煮の凝縮された旨味。
しかもめちゃくちゃ甘くて、噛むと溶けてしまうような食感がたまらなく最高でした!

 

麺ともスープとも相性の良いとろっとろな角煮は、これまでに食べてきた角煮の中でも上位に入るくらい美味しかったです。

 

時間の経過と共に味が変化するばんからラーメンとのことでしたが、確かに最後の方は最初よりもさらにこってりとしていたような気がします。

見た目ほどこってりとはしていなかったものの、やはり時間が経つにつれて最初に感じたあっさり感はなくなっていました。

 

さすがにスープを全部飲み干すことはできませんでしたが、なんとか完食できました!

まとめ

今回はばんから池袋東口店さんに行ってまいりました!
ばんからさん名物の角煮ばんからラーメンは、絶品ですがとにかく濃厚こってり。

 

こってりが苦手という人にはあまりおすすめできませんが、とろとろの角煮は食べてみる価値ありです♪

 

ばんからさん独自の甘味と旨味が凝縮されたラーメンを、ぜひ食べてみてくださいね!

 

ばんから池袋東口店の店舗情報

ばんから池袋東口店

●駅からのアクセス

 

JR山手線、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線、西武池袋線 池袋駅 徒歩4分

 

・詳細情報

住所 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目13−4 第一坂田ビル
≫googleMAPで見る
営業時間 [月~木・日] 11:00~翌5:30
[金・土・祝前] 11:00~翌6:00
休日 年中無休
座席情報 41席

 

池袋
スポンサーリンク
ぐるっぽ編集部をフォローする
ぐるっぽ – 食べ歩きブログ!グルメレポート