表参道の【DOMINIQUE ANSEL BAKERY】に行ってきました!

表参道 カフェ ドミニクアンセルベーカリー グルメレポート
スポンサーリンク

DOMINIQUE ANSEL BAKERYはインスタ映え確実のおしゃれなカフェ♪

 

今回は表参道にある、おしゃれなカフェ【DOMINIQUE ANSEL BAKERY at OMOTESANDO(ドミニクアンセルベーカリー)】さんに行ってまいりました!

 

SNSでこのお店のパンの写真を見かけて、絶対に行きたいと思ったお店です。

表参道駅から徒歩5分、こちらのお店は裏路地にありました。

やはりインスタ映えするようなフォトジェニックなお店は女性に大人気!

 

休日の15時頃とはいえ、結構並んでいました。

気長に待って、ようやく店内へ。
すでにベーカリーの香ばしい匂いが漂ってきます。

 

白を基調とした店内はかなり広々としており、清潔感に溢れていました。

また、美味しそうなパンがたくさん並んでおり、どれも食べたくて仕方がありません(笑)

 

色とりどりのカラフルなマカロンやメレンゲ。
それらを見ているだけでもなんだか心がウキウキしてしまいそうでした。

 

個人的に1番ビックリしたのは、トマトの形をしたパン!
その名も「パン・オ・トマト」(313円)です。

 

トマト好きの私にはたまらないパンでしたし、トマトを使ったパンは世の中にありふれていますがトマトをかたどったパンというのはかなり珍しく衝撃を受けました。

 

記念に1つ買うことに♪

そして、今回のお目当ては別にありました。

お目当ては、なんといっても「フローズンスモア」(770円)

 

メニューには「目の前で炙るライブ感とマシュマロ、アイスクリーム、チョコクランチの食感がたまらない」と書かれていました。

チョコフレークをまぶしたバニラアイスがマシュマロに包まれており、それをバーナーで炙ったものがフローズンスモアという新感覚スイーツです。

 

それだけでも美味しそうな予感しかしません!
というか、アイスを焼くという斬新さに驚きを隠せませんでした。

 

注文時に、「ぜひ動画も撮ってくださいね」と言われ、ついついスマホ片手に目の前で炙られていくマシュマロに見とれてしまいました(笑)

 

美味しそうな焼き色に、胸が高鳴ります!

イートインスペースに座って、早速いただきます♪

まずは冷めないうちにフローズンスモアから。
木の棒に刺さった炙りたてのフローズンスモアは、さすがマシュマロといったところで、とても甘い匂いがしました。

 

噛んだ瞬間に口に広がるハチミツ風味のマシュマロのふんわりとした甘さ。
柔らかくふわもちっとした食感がたまらないです。

 

そして、中に入っているチョコフレーク満載のザクザクとした食感のアイスもアクセントが効いていて抜群に美味しい!

 

アイスを焼くのだから完全に溶けきってしまっているのではないだろうか、という不安を見事に消し去る食感に、思わず感動してしまいました。

 

 

確かにやや溶けた感じはあるのですが、しっかりとアイスの硬さがあって、外と中との食感の違いがとても面白かったです。

大きさもちょうど良く、これ以上大きすぎてもちょっとくどいし少ないと物足りないし、という絶妙な量で大満足です。

そして、一目惚れして買ったパン・オ・トマトもいただきます!

 

生地自体はとても柔らかく、ほのかに感じるトマトの酸味が再現されていました。
モッツァレラチーズが練りこまれており、ヘタの部分はバジルで再現!
この凝った感じに好感が持て、とても美味しくいただけました♪

 

ほかにもたくさん食べてみたいパンがあったので、また時間がある時にゆっくり行きたいなと思います。

 

 表参道 カフェ ドミニクアンセルベーカリー

まとめ

表参道にあるDOMINIQUE ANSEL BAKERYさんに行ってまいりました。

見た目おしゃれかつユニークなパンがたくさんあって、どれも興味を惹かれるものばかりです。

中でも、今回私がいただいたフローズンスモアはぜひ食べてみてください!

インスタ映えはもちろん、目でも舌でも楽しめる素敵なお店です。

 

DOMINIQUE ANSEL BAKERYの店舗情報

DOMINIQUE ANSEL BAKERY

●駅からのアクセス

東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」出口A1より 徒歩5分
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)駅」 出口4より 徒歩6分

 

・詳細情報

住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目7−14
≫googleMAPで見る
営業時間 10:00~19:00
休日 無休
座席情報 72席